マンションは通常の家とは違い、受付がありますが、その後はドア1枚と防犯が充実しておりません。
ですから、マンション防犯で工夫するためには、インターホンの防犯設備工事をお薦めします。

現在のインターホンは改良されていまして、モニターとして外を映すだけではなく、子供も使いやすいタッチパネル式のものから録画機能、映像のズーム機能も付いているものもあります。
家に侵入する手口の多くが、まずインターホンを鳴らして、留守か在宅かを確認する事がありますから、録画機能は大変便利で、それをマンション防犯として、全員で情報を共有する事が犯罪を未然に防ぐ方法になります。

またモニター機能が付いている物だと、セールスや宅配便等の来訪者の区別もつきますので、不審者だった場合に出る必要もなく、安全になります。
ですから、マンションで住んでいる方は、できるだけ防犯設備工事を行なった方が良いのです。

それと、既に防犯設備工事をされているマンションに住んでいる方もいると思いますが、インターホンの使い方を知らないと意味がありません。
録画機能やモニター機能の使い方や確認をしておいた方が、いざとなった時に役に立ちますので、しっかりと使い方を熟知した方が良いでしょう。
マンション防犯は、それ以外の部分もありますので、戸締りもしっかりして下さい。

マンションといっても防犯は絶対に気を付けなければなりませんし、身近な所から犯罪を防いでいかなければなりません。