東京都は日本でも人口が一番密集している都市のため、その人口に比例して空き巣被害や窃盗事件も多発し、特にマンションが建ち並んでいるためマンションの防犯対策が必要です。

防犯カメラ1

 

また狙われやすいのは、マンション部分の1階部分で、高さがないため犯罪者にとっても簡単に侵入しやすい事情もあるからです。

マンションの1階部分には、お客さんが入りやすいことから、法人事務所や店舗を設けているケースも多いため、そういった法人事務所や店舗等の商業施設がターゲットにされることが多いです。

その理由にも、侵入すればまとまった現金や金目の物があると判断されているからです。

そこで防犯設備工事を行い、マンション防犯を強化する措置を講じる必要があります。

 

 

その方法には、一般的な侵入の経路となる窓やドアを物理的に破壊を行って入られないようにする強化ガラス・強化ドア、開閉式格子、また防犯センサーなどの取り付けなどがあります。

その他には、人が近づくとライトアップされる人感センサー、侵入されやすい箇所に防犯カメラの設置等です。

こうした防犯設備工事は、空き巣被害が多い東京都では欠かすことが出来ない対策となります。

また盲点としては、高い階層から低い階層へ降りる形で侵入するケースもあり、高い階層にあれば安心ということもなく、逆にそれが犯罪者にとっても狙い目となることも多いです。

当然、通りからも死角となる場所が存在するとそういった場所に身を潜ませてから犯罪を行うケースも見られるため、防犯設備工事にはマンション自体に死角を作らないという視点も必要です。