事業用の太陽光設備工事と言うのは、発電量が大きくなれば、太陽光発電システムの規模も大きくなるものです。

 

一般的に事業用や産業用における太陽光発電システムと言うのは、発電容量が10kWを超えるシステムであり、多くのソーラーパネルを接する事で大規模の発電システムを導入する事が可能になります。

 

倉庫の屋根、ビルの屋上などには多くのソーラーパネルを設置可能なスペースがあり、太陽光設備工事を行う事で多くの電気を発電し、それを全て売る事が可能になるのです。

 

因みに、発電した電気を全て売る事を全量買取りと言います。

全量買取りの場合は、太陽光設備工事で導入する発電システムの容量が10kWを超えている必要が有りますが、10kWを超えている事で20年と言う期間の中で全量買取りが可能になるのです。

 

因みに、太陽光発電には変換効率と言うものが在ります。

変換効率と言うのは、太陽の光エネルギーを100とした時、電気エネルギーに変換可能な割合を示しています。

一般的に、太陽光発電における変換効率というのは、10~20%程度に留まっていると言われているのです。

 

太陽の光がソーラーパネルに照射されることで電気エネルギーに変換され、発電が可能になると言う特徴が有りますが、太陽光スペクトルと言うものには、ソーラーパネルが吸収を行って電力に変換が出来ない波長成分が多く含まれているため、効率としては10%から20%になると言われているのです。