工場の多くでは、従来型の蛍光灯が使われているのが現状かと思います。

工場の照明をすべてLEDにするには、照明工事などに大きな経費が掛かるために従来の照明のままになっている企業が少なくない現状ですが、工場では24時間操業をしているところも多いために、LEDの照明工事を実行すると驚くほどに大きなメリットが出てくることになります。

LEDの照明工事をするメリットとしては、まず工場内の照明のための電気代を大幅に減らせることが挙げられます。従来の照明器具を替えるだけで、電気代を10分の1程度にすることが可能になるため、24時間の操業を行っているところであれば、非常に大きなコストカットに繋がることが期待できます。

 

修正 工場天井

  

 

 電気代金が10分の1 

 

 

 

また、始めに照明工事を行う時にはそれなりの初期投資が必要となりますが、日々の電気代の削減効果によって初期投資を早めに回収することが実現できます。

次に導入するメリットとして、照明機器の寿命が長いことが挙げられます。従来の蛍光灯などでは数年程度で寿命が来てしまうために、頻繁に蛍光灯などを交換する必要が出ていました。蛍光灯が切れるたびに作業が中断される場合があるため、作業が非効率になってしまう面がありました。しかし、LED照明にすると、10年程度は照明機器を交換する必要がなくなってきます。その結果として、照明機器の交換をほとんどすることがなくなって、作業の効率化が図れます。

近年では導入コストも低下傾向となっているために、さらにメリットは増す一方と言えます。