東京都で太陽光設備工事を行なう前にまず必ずおこなう必要がある事柄と言えば、その土地の日射量※1の計測です。

太陽光設備は当然ながら、太陽光の当たり具合で効果が大きく異なってきます。どんなに優れたハイエンドモデルを導入しても日当りが悪ければ意味はありません。

また、太陽光発電が元を取る事ができると言われる仕組みは、発電した電気を売る事ができるというところにあります。つまり、どれだけ発電することが出来るかでどれぐらい電気を売る事が出来るのかで決まって来るわけです。

では、太陽光設備の設置を検討している場所でどれぐらい効果が出て、太陽光設備工事に投資した費用をどれぐらいの期間で回収し、収益に繋げる事ができるかを調べるにはどうしたら良いのでしょうか。

それは、太陽光設備工事業者にシミュレーションを出してもらうという方法です。どの業者さんも、シミュレーションを作るノウハウは有していることが多いです。ただし、その数字が正確がどうかは一概には言えません。そのため、いくつかの業者さんにシミュレーションをお願いすることをおすすめします。

そして、そのシミュレーションから出て来た予測値と、各業者の太陽光設備工事に要する費用とを照らし合わせて、どの業者に依頼をするか、もしくはそもそも太陽光設備工事をした方が良いのか、しない方が良いのかを判断することが懸命です。

太陽光発電は日射量が生命線であるため、事前にしっかりとシミュレーションを行なった上で決断をするようにしましょう。

 

※1:日射量 (にっしゃりょう)とは、太陽からの放射エネルギー量を測定したものである。

太陽光発電