エネルギーの問題が叫ばれ再生可能エネルギーに注目が集まる昨今、多くの企業でも太陽光発電に注目が集まっています。

どのような企業であっても電力なしに運営することが難しいため、関心の高まりは衰えを知りません。今後の電力の高騰を視野に入れて多くの企業が何らかの形で太陽光設備工事に関心を示しています。
太陽光設備工事を検討する企業の多くは自社で使用する電力の一部を自前で作りたいと考えていることが考えられます。また太陽光発電で作ることの出来た電気の余剰分は売ることが出来るという制度も人気の秘密になっています。太陽光設備工事を行うということは、どのような形になったとしても企業に対してプラスの影響を及ぼすと考えられているのです。
しかし電気を売るというのは思った程簡単なことではありません。発電した電気を送電線を使って送らなければ宝の持ち腐れになるのです。電気というのは貯めておくことが難しいものですので送電線が必要になるのです。既存の電線を借りる場合には接続費用がかかることも覚悟しておく必要があります。

東京都の場合には1kwh辺り2~3円程度の接続料を求められることになりますので計画実行前に十分に検討しておく必要があるでしょう。この接続費用を避ける為には送電線を自前で用意する必要があります。もしも最初から売電目的で建設するのであればその辺りも検討しておく必要があるでしょう。