社内インフラを充実させるというのは色々な面で重要です。
それは、快適に仕事ができる点も重要ですし、仕事の利益率を上げるためにも効率化を重視するレイアウトなどが重要なポイントになります。

例えば、電気設備工事の充実がその一つです。

電気設備というのは、従来ではコンピュータの設備にコンセントなどの数が多くなり、今までより多くの数が必要になったりする際に必要になったりします。
また火災の心配がある為に、できるだけタコ足配線を避け、漏電を防ぐために行う必要があります。
他にも、大型のコピー機を利用する場合などは、アースの端子が付いた3つ口のコンセントの設備も必要になります。
また、汎用機やサーバーなどの大型のコンピュータや、専用の工業用機械を導入する場合には200ボルトに対応したコンセントの設置も必要になります。

次に通信設備工事の充実です。通信設備とは電源とは異なり、インターネットや電話回線などの配線になります。
この配線に関しても従来では通信回線といえば電話回線程度でしたが、最近ではインターネットや防災用のセキュリティの配線が関係してきます。
無線LANで対応できるという考えもありますが、複数階にわたってですと最低でも1フロアに1アンテナ必要ですので、それぞれ工事が必要になります。
そのような情報に関係する工事を通信設備工事といいます。

その為、社内インフラを充実させるには、電気設備工事を行う必要があり、電気設備工事を行っておらず旧式の施設のままですと社内効率が良くありませんので、早めの電気設備工事をする方が長期的に見ても得策でしょう。