マンションには防犯対策がしっかりしていないと、犯罪被害に遭う可能性が高くなる傾向にあります。
マンションで生活しているなかで、住人が一番嫌な犯罪は空き巣や居空きや忍込みなどの自宅の中に犯人が入り、金品を物色して逃走することです。
自宅の中に犯人が入り金品を物色されるということは、また同じように犯罪被害に遭うかも知れないという不安感を住人に与えるだけでなく、近隣の住人もマンション防犯がしっかり出来ていないという不安感を与えてしまうので防犯設備工事対策をしなければなりません。
空き巣は、自宅に住人がいない状態で犯人が侵入して金品を盗むことですが、居空きや忍込みなどは、住人が自宅にいる状態で犯人が自宅に侵入していることです。
自宅の中で犯人と遭遇することになれば、犯人が逃走するために住人に対し危害を加える可能性もあり、非常に危険ですので注意しましょう。
マンションの防犯対策を進めるうえで、防犯カメラの設置は防犯設備工事の基本になります。
防犯カメラがついていないマンションでは、空き巣などの被害が発生しても、現場で犯人が遺留した物品や指紋・足跡などしか残らず、窃盗集団ともなれば証拠となるものは残していくことは、ほとんどありません。
しかし、防犯カメラは映像として残り、犯人の顔や服装や逃走時間なども確認することができるので、犯人が捕まる可能性が高くなります。
住人の安心安全を守るためには、しっかりとした防犯設備工事が必要で、対策をしていることで住人満足も高めることができるのです。