東京都は、世界を代表する国際都市であると同時に、日本の首都であり、生活している人も多く犯罪も多種多様に発生しています。
土地の値段が高いことから、マンションが多く立ち並んでおり、マンションは一軒家とは違い周囲の結びつきも少なく犯罪被害に遭いやすい傾向にあります。

マンションにおける、犯罪被害としては、空き巣や車上狙いや自転車盗やバイク盗などがあげられます。
空き巣などは、マンションに住んでいる住人が一番不安に感じる犯罪であり、自宅に犯人が入ってくる事件があれば、マンション防犯面がしっかりしていないと住人に受け取られ、早急に防犯設備工事をしなければなりません。
駐車場に停めている自動車やバイク・自転車などが盗まれたり、壊されたりする被害に遭うと仕事に行くことができなかったり修理費用など住人に対して負担が発生してしまいます。
マンション防犯を高めるためには、防犯カメラを設置するなど防犯設備工事を進めていく必要があります。

防犯カメラの性能が向上していることもあり、昔と比べて画像が鮮明になり、犯人の年齢層や服装や顔の特徴など詳細にわかることから、警察の犯人手配も容易にすることができます。
また、玄関を解錠されて自宅に入られる場合は、防犯性の高いディンブルキーなどに変更する防犯設備工事をすることによって、犯人が自宅に入るまでの時間がかかり諦める可能性が高くなります。
防犯対策をしているマンションは住人に安心感を与えることができるのでしっかり対策する必要があります。

防犯カメラがあるかないかだけでも大きな犯罪抑止力になるので、まだな方は検討してみてはいかがでしょうか。