現状、東京都を中心とした首都圏における人口流入は、賃貸物件市場にとってまさに追い風となっております。そのため賃貸マンション経営を始められるオーナーが増えてきております。

土地があってお金があれば、誰でも成功するのでしょうか?しっかりとした計画のもと、借主のニーズに応えたものでなければ、せっかくの経営も失敗に終わってしまいます。

では失敗しないためには何が必要となってくるのでしょうか?

借主が物件を選ぶにあたり重視することは、まず、勤務地あるいは学校などへのアクセスの良さが大事となってきます。

次に防犯面も重要なポイントとなってきます。アパートではなかなか難しいですが、マンションはしっかりとした対策が立てやすいです。

つまりマンション防犯をしっかりアピールできる物件であれば、空室リスクは軽減できます。そのためにも防犯設備工事をしっかり行わなくてはなりません。

具体的にどのような防犯設備工事が必要なのでしょうか?1つめはオートロックです。外部からの不審者侵入を防ぎます。最近のオートロックは指紋認証を使ったものを増えてきております。

2つめに防犯カメラです。実際に映像を残しておくことも大事ですが、防犯カメラがあるだけでかなりの抑止力が働きます。

防犯カメラ1

 

 

 

 

 

 

 

3つめは各住戸の玄関扉を二重ロックにすることです。上記以外にもまだありますが、主だったところを記載いたしました。
これから賃貸マンション経営をするにあたり、マンション防犯の重要性を把握したうえで有効な防犯設備工事を行ってください。