商業目的のビルや施設などでは、一般的に特別な機器を設置しより利便性に優れたシステムを構築しています。既存の機器を流用することでシステムを稼動させることができる場合もありますが、多くのケースでは電気設備工事や部分的な改修が必要となる場合があり、通信設備工事や電気設備工事を専門的に請け負う業者へ依頼する事が必要になります。
この電気設備工事としては、大きなコスト削減につながるものがあり、音声自動応答システムは人手による交換台への転送を撤廃することができ、自動で音声による案内や転送を可能にする事が出来るシステムです。そのため、この通信設備工事を行う事で、大きなコスト削減につながるのです。
また、この音声自動応答はコンピュータと電話を併用し、各種のサービスを可能にします。これは電話回線を接続してシステムを構成するための交換機で、電話着信の転送などが自由に行えるようになるシステムです。
また、法人向けのシステムとしては医療機関に設置されるナースコールなどの通信設備もあり、緊急時に患者さまが看護師を呼び出すことができる通信設備があります。この通信機器は医療施設の他にも、介護施設などにも設置される事が多くなってきており、患者様の健康状態を管理する為には重要な役割を担う設備である事に加え、常時患者様を監視する必要が無くなりますので、大幅な人件費のコスト削減につながるものとなっています。

導入にはコストが掛かりますが、長期的にみてもお客様のことを考えても電気設備工事をおこなうことが企業にとって有意義になるケースが多く存在しています。