電気設備工事や通信設備工事を行っている会社では、専門のスタッフを揃えて、高い水準の作業を実施しています。国土交通省など、国の定めた基準に従うことが必要となっていて、特別な資格を取得した人が担当するため、作業には信頼性があります。

電気設備工事や通信設備工事を行うためには、さまざまな費用が発生します。料金の積算体系が変更されているので、関係者は気をつけておかなければなりません。

機器を調達したり、検収したり、現場を管理したりする際に必要となる費用が、機器管理費として追加されました。また、機器に関わる工事的な経費、技術者間接費、機器管理費については機器間接費として統合されました。さらに、機器費については、機器の製造に純化したものとして、機器単体費に変更されています。積算体系について、正確な理解をしておくことは重要です。

それぞれの費用に、どのような内容のものが含まれているかについても、きちんと確認しなければなりません。電気設備工事・通信設備工事は、極めて専門的な工事となっているため、費用の処理にも特殊なものが含まれます。

機器管理費は、機器単体費に機器の管理比率を乗じる方法で計算されます。また、計算する際に用いられる率についても、独自の計算式が決められているため、確認することが必要です。

積算体系の改正など、さまざまな知識を理解することで、電気設備工事や通信設備工事を安心して進めていくことができます。