今や、省エネ対策は大企業だけでなく、中小企業も必ず視野に入れなくてはならない必須事項となりました。
省エネ対策のためには、エアコン・照明工事することで、従来の古い業務用エアコンや照明を、省エネの業務用エアコンやLED照明に切り替えていく必要があります。
業種によっても違いますが、業務用エアコンと照明の消費電力は、全体の消費電力のうち、概ね1位2位を占めています。このため、エアコン・照明工事によって、省エネの製品に切り替えていくことが、省エネ対策に直につながってくるのです。
たとえば、業務用エアコンの場合、15年前のものと現在の省エネエアコンで比較すると、消費電力が減ることにより電気代が安くなるだけでなく、CO2削減となり省エネ性が上がります。
また、LED照明の場合、現在新しく建設されるビルや店舗では当たり前のように採用されており、既存の建物でも入れ替えは必須です。また、従来のハロゲン球や蛍光灯より消費電力が減りますし、発光効率が高いため、電気代が安くなる上に従来の照明と同じ光度を保つことができます。このように、LED化による省エネ性は大変効果が大きいといえます。
切り替えを行えば、電気代の削減になると分かっていても、コストを考えて二の足を踏まれている企業もおありだと思います。

エアコン・照明工事にはコストがかかりますが、サービス提供企業によっては、リースやクレジットなど初期費用0円のプランがある企業もあります。

比較検討し、現状維持から、導入後の省エネを目的としたエアコン・照明工事を検討されることをおすすめします。