地球温暖化が叫ばれて久しくなりますが、私達の生活もエコや省エネを考えて生活するべきでしょう。これは特に電力消費の大きい企業は率先して努力するべき事です。

一番手っ取り早く省エネにつながるのが、LED照明に取り替える照明工事でしょう。一般家庭ではだいぶLED照明に取り替えているようですが、一般企業ではまだまだのようです。

その理由がイニシャルコストが高額になり器具によっては照明工事を伴う場合があるからです。確かにイニシャルコストや照明工事の経費を考えると二の足を踏むでしょうが、電球などの寿命や消費電力のランニングコストを考えると早く取り替えるべきでしょう。特に工場などの面積が広くて、天井の高い大空間には最適の照明器具です。

照度が一般器具の数倍あるので器具数を減らせるし、電球の寿命も一般器具の十数倍から二十数倍もあるので取替えの手間が激減します。また外部での夜間作業にも水銀灯に変わるLED照明もできているので利用すると、明るく省エネの器具になりランニングコストの節減に効果が出てくるでしょう。一般の事務所でも蛍光灯型の器具もあるので利用すると良いでしょう。

事務所等でもっと省エネに努力したければ、一つ一つの器具に入切出来るスイッチ紐をつける事で、必要のない場所の照明器具は消せるので益々の省エネにつながります。この様にLED照明に替える際は、台数に依っては高額のイニシャルコストが必要となりますが、ランニングコストやその他の利点を考えると取り替えるほうが得策でしょう。